名古屋市 中川区 戸田 蟹江 歯科 歯医者 口腔外科 風岡デンタルクリニック

クリニック紹介

クリニック紹介診療内容

義歯(入れ歯)について

症例にあった義歯

義歯(入れ歯)とは、虫歯や歯周病などにより自分の歯を失った場合にその部位を人工的な材料で補う治療法の一つ です。
例外はありますが一般に多数にわたる歯を失った場合に用いられる治療法です。 
義歯の目的は、天然の歯を失ったことによる機能の回復(かむこと・飲み込むこと・話すこと)と、外観(見た目)の回復です。

dc031118.jpg

義歯には大きく分けて、全部床義歯(総入れ歯)と部分床 義歯(部分入れ歯)があります。
症例にあった義歯(保険内の義歯から保険外の義歯まで希望に合わせて)を作成します。
その際はじめに土手(入れ歯が乗る歯ぐきの所)を安定させてから作成するので日数がかかる場合もあります。
また義歯はできてからの調整が 大切で、痛みや違和感が無くなるまで何回も調整していきます。

pa-c_01.jpg

全部床義歯

全部床義歯とは、上あご・下あごの全ての歯、あるいは上あご・下あごいずれかのあごの全ての歯が失われた人に対して用いる治療法です。
全部床義歯は、歯ぐきの代わりになる部分(床と呼ばれます)と人工の歯で構成されます。

pa-d_01.jpg

部分床義歯

部分床義歯は、上あごまたは下あごで、1本の歯の喪失から1本だけ歯が残っている場合までいろいろな歯の喪失状況に対して適用される治療法です。
部分床義歯には、それらに加え義歯をはずれにくくするための止め金等も含まれます。

義歯作製後の注意点

  義歯が出来上がり使用するようになって、その段階で治療が終わりではなく定期的なメインテナンスが必要です。
新しい義歯を入れた後は歯ぐきに当たりがあり痛みが出ることがあります。
(例えるなら、新しい靴を履くと靴擦れをおこし たりしますよね。
それといっしょで新しい義歯をいれると床ずれをおこしやすく、そこが擦り傷になりやすく痛みが出ます。)
これに関しては当たりを除去しなければなりません。
また長い間調整なしで使用していると、歯ぐきや、あごの骨が痩せることにより義歯が口の状態に合わなくなることがあります。その場合裏打ちをしたり修理が必要となります。
それらをチェックするために、メインテナンスが必要になります。
ページの先頭へ戻る