名古屋市 中川区 戸田 蟹江 歯科 歯医者 口腔外科 風岡デンタルクリニック

クリニック紹介

クリニック紹介診療内容

口腔外科

親知らず

上下がきちんとかみ合っていれば問題ありませんが、何か症状があれば抜歯を必要とする場合もあります。
レ ントゲン等で診断した結果、神経に近かったり根っこが複雑の場合は口腔外科に紹介する時もあります。

or102c.gif

口腔外科の治療

当院では名古屋第一赤十字病院(中村日赤)歯科口腔外科及び名古屋掖済会病院 
歯科口腔外科と提携しており、一度診査して専門治療が必要であれば紹介させて頂きます。

dc031118.jpg

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節とは

「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている。」
(日本顎 関節学会「顎関節症の定義」)
簡単に言うと、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状である慢性的な疾患で、原因はいくつかあり状態も異なるがまとめて顎関節症と呼ぶ・・・ということです。

pa-f_01.jpg

かみ合わせ

hp-7.jpg

正しいかみ合わせですか?

歯は山と谷が凹凸になって必ず対になっている歯はきちんとかみ合うようになっています。
しかし、歯を抜いたり、不適切な形の冠を歯に被せたりしてかみ合わせが悪いと特定の歯だけに過大な力が加わり、結果的に歯を支えている骨などの歯周組織に大きな負担がかかり、歯が揺れてきてしまいます。

  これを咬合性外傷といい、このようなかみ合わせを外傷性咬合といいます。また、咬合が強かったり、歯ぎしり、食いしばりなどが顕著だとさらに悪化しやすくなります。
同じような、かみ合わせでも歯周組織が頑丈な場合は、逆に歯に亀裂が入ったり、割れたりする事もあります。
いずれにしても咬合に問題があると、歯や歯周組織にダメージを与えてしまいます。
このような状態の人の中には、咬合が悪いのを自覚していない場合もあるので、定期的なチェックが必要です。
咬合は顎関節と密接な関係があり、咬合不良は顎関節を傷める大きな原因の一つと考えられます。
滑らかな曲線を描いている歯列は顎関節とよく調和してきれいな動きをしますが、一方何らかの原因で歯を抜いたまま放置して隣の歯が傾いたり、対 する歯が出っ張っていると、かみ合わせの平面が乱され、円滑な顎の動きが阻害されます。
しかし、自覚症状を医者に訴えても、原因不明もしくは疲れや年のせいなどと言われ、治療は対症療法が主です。肩こりには湿布薬、痛みには痛み止め、一時的に良くなってもまた再発して最終的には神経外科や精神科、大学病院に通うまでになってしまう場合もあるようです。もし、原因が咬合にあるのであれば、それを治す事で改善されるはずなのです。
しかし、一般的に色々な全身の症状を 咬合が原因かもしれないと考え、歯科を受診する人はほとんどいません。
したがって、原因不明のまま病院めぐりを長期にわたり続けている人も多くいると推測されます。それによって顎の周囲の筋肉は異常な緊張を強いられ、やがては痛みを感じるようになります。この状態が長期に及ぶと顎の関節を痛めてしまいます。
そうすると顎の関節円盤(クッションの様なもの)が壊れ、関節の骨がすり減ったり変形 したりしてしまいます。
変形を起こす前に早期に対処しておくことが重要です。
現在までに歯科界では様々な咬合理論と称するものが発表されており、いろいろな臨床現場で実践されてきました。
しかし、今のところどんな場合にでも適用できる「これ」と言った確実な理論や治療方法が一般の臨床で確立されてはいません。
話題にされることが多くなったものに顎関節症というものがあります。
顎関節の痛みや開口障害、関節の雑音や開閉口時のクリック(関節がひっかかってカックンと音がする)などの症状が主です。
また頭痛、肩こり、腰痛、など咬合由来であろうと思われる症状もあります。もちろん、咬合が原因でないこともありますし、判断することは難しいのですが、咬合を治したら症状が無くなったということはよく経験します。
たださほど重い症状が無ければ、日常生活に支障をきたすことはないと思います。
しかし重症 になってくると、生活や仕事に影響が出てしまい、一般医科の病院や診療所で検査を受けるのが一般的なのではないでしょうか。

当院の取り組み

dc031118.jpg

全体のバランスが大切です。

当院では、肩こりや腰痛を治すために診療をしているのではありませんが、これら全身的な症状が出ないように咬合を整える事が、お口の健康を維持するために役立つものと考えております。
咬合の治療では、できるだけ自然な位置に顎がくるように調整をします。
そのためには、実際に悪い部分だけでなく、全体のバランスが取れるように一見関係ない部分の調整もしなくてはなりません。

  時々こんなことを言う患者さんがいらっしゃいます。
「右の歯が高い感じがして咬みにくいのですが、調整してもらえませんか?」
と言われます。
そこでかみ合わせを診断してから、患者さんに
「左のこの歯を少し削ってもいいですか?」
と聞くと大抵の患者さんは、
「かみにくいのは右なのですが」 
と聞いてきます。
そこで歯型をとり模型にして見て頂くと、ご自身のかみ合わせが狂っているのを納得され、かみにくい方とは反対側の歯を削らせてもらうことがあります。
すると患者さんは
「あっ、かみやすくなりました。でもなんでかみにくい方と反対側の歯を削ったのに、かみやすくなるのですか?」
と不思議そうに聞いてきます。
これも力のバランスです。バランスを崩した為に一箇所の歯が強く当っていただけで、その原因は別の歯にあったと考えられます。
原因を取らないで、噛みにくいと感じる歯を不用意に削ると余計にバランスを崩すのです。
そしてまた削るの繰り返しになってしまいます。
咬合の治療といっても、いろいろなケースがあります。まず、その症状が、あきらかに咬合が原因であるのか、咬合の問題はその症状の一原因に過ぎないのかで異なります。
通常の診療では咬合由来の症状は無いか、あってもごく僅かの場合が大半です。
しかし、この場合でも咬合の崩壊は甚だしい方もたくさんいます。
まず基本は、顎位(下顎の位置)が前後左右的にずれてないこと、咬合平面(全部の歯のかみ合わせの平面)が傾いていないこと、前後的に適度な傾斜があること。
要するに咬合が傾いてなくて、真っ直ぐに咬んでいるかどうかということです。
しかし、通常の歯科治療では顎位を変えることはあまりしません。
症状の訴えが無ければ顎位はそのままで平面の修正、例えば出っ張っていて邪魔な歯は短く修正し出来るだけ滑らかな曲線を作り、左右のバランスをみてかみ合わせを調整します。
邪魔に出っ張った歯をそのままに治療すれば、不必要な力がかかり、いずれかみ合わせが悪くなっていくのは明白です。
一方、症状があきらかである場合には積極的に顎位を修正してあげる必要があります。
軽度の場合は物を噛む側を顎の変異している方とは逆で噛むことで解消することもありますし、顎の動かし方や顎周囲の筋のストレッチも効果があります 。
しかし、全身にまで症状が波及した場合には、食事の仕方や顎の運動では解消しない場合も多く、咬合調整(歯を削って当り具合を調整)やスプリント療法(歯に器具をはめる)などがあります。
ほとんどの場合、咬合調整で良くなるのですが、咬合が低い場合は、咬合調整ではもっと低くなる危険性があるため、咬合を上げるスプリントが有効な場合もあります。
その人その人で咬合は異なりますので、正しい診断が必要となります。
ページの先頭へ戻る